風任せマイレージ生活

マニアではない、ゆる系陸マイラー生活1年。マイレージ(主にANA)旅実現への、お得な情報と失敗談

2回で終える2018SFC修行 その1

 8月のANA航空券予約開始前から、1ヶ月間SFC修行の立案にうなっていましたが、とうとう、決めました。
 計画にあたって、問題となるのは半月前までわからない、シフト制不定休勤務。週末タッチは予定がたたず、連休も月に1、2度あるかどうかなので、なるべく少ない回数で修行することを第一に考えました。幸い、永年勤続休暇1週間を使っていなかったので、まずは1月に1回。7~10月にとれる夏休み1週間の2回で解脱する算段です。
タッチではなく、旅行と考え、多少高くなっても行きたいところを優先しようと考えました。


 検討したのは、国際線プレミアムエコノミー(路線によりビジネス)修行のみ。


当初は、シドニー2回を考えたのですが、1、2月の航空券が高すぎたので断念。
夏休みにシドニーかニュージーランドと決め、1月はアジアにしました。


まず検討したのが、コスパも獲得PPも最強のクアラルンプール発券ビジネスでの石垣往復。
那覇からクアラルンプールまでの往路、那覇までと那覇からの往復はエコノミー
でその日の最安値(検討日時点)で予約と仮定しました。


2018SFC計画その1 クアラルンプール発券エキストリーム    


1月19日  羽田-那覇       14:40-17:35   1876PP   
      那覇-羽田      20:05-22:20   2368PP   
1月20日  羽田-クアラルンプール 00:05-06:45   2503PP   
            クアラルンプール泊  
1月21日  クアラルンプール-羽田 14:15-22:05   6610PP   
      羽田-石垣      06:15-09:40    2848PP   
               石垣泊  
1月22日 石垣-羽田      15:40-18:15     2848PP   
1月23日 羽田-クアラルンプール 00:05-06:45     6610PP   
           クアラルンプール泊     
1月24日 クアラルンプール-羽田 08:00-15:40     2503PP   
     羽田-那覇      17:55-21:10     2368PP

               那覇泊      
1月25日 那覇-羽田       20:50-23:00    1876PP
   
                        合計  32410PP
         費用は17780円+70510円+151160円=239450円
                        PP単価は7.38


パラダイス山元師匠の「飛行機のある暮らし」「飛行機の乗り方」を読んだ直後には、「これで決まり」と思ったプランでした。
しかし・・・  アラフィフ腰痛持ち親父には過酷すぎるので断念。


行きたいところ中心で再考するとラオスのルアンパバーンやタイ・チェンマイ
などが候補に挙がりましたが、いかんせん高くPP獲得には効率悪い。


結局、決めたのは石垣・シンガポールプレエコの定番路線です。平日スタートのため国内往復もプレミアム旅割28で予約とれました。


2018SFC予約その1 石垣・シンガポール


1月某日 羽田-石垣      06:15-09:40     3460 PP 
     石垣-羽田     15:40-18:15     2848 PP
2日目  羽田-シンガポール  00:10-06:35     5368 PP     
3日目        シンガポール2泊         
4日目  シンガポール-羽田  10:55-18:30     5368 PP      
            東京自宅に1泊         
5日目  羽田-石垣      06:15-09:40     2848PP       
6日目           石垣2泊         
7日目  石垣-羽田     15:40-18:15     3460PP  
                        合計   23352 PP
             費用は57980円+118110円=176090円     
                      PP単価 は 7.54


シンガポールは二度目なので2つの植物園だけまわるつもり。
ホテルはコロニアル風がよいと思いながらも、マリーナ周辺タワーの眺望、オーチャードの利便性など悩んでいます。


旅のプランも決まったらアップしたいと思います