風任せ弾丸トラベラー

アラフィフ会社員の弾丸トラベル SFC・ダイヤ修行を口実に

弾丸でも体に優しい便利施設 SFC第3弾前編石垣シンガポール 

いよいよメーンの石垣シンガポール。1月18日から永年勤続休暇を1週間取得しました。昨夏からいろいろ検討した結果、ど定番のシンガポールタッチのアレンジ版に落ち着きました。毎月1人で旅をするうえで、妻の理解は欠かせません。感謝をこめて羽田帰着後の後半を妻同伴の石垣旅行にしました。pp単価は7.80と優秀ですが、その他費用がたくさんかかっているので、あまり意味がありませんね。


1月18日
羽田06:15 - 石垣09:40 (プレミアム)2万8990円       3460PP
石垣15:40 - 羽田18:15 (国際線国内分)           2448PP
羽田00:10(19日)- シンガポール06:35 (プレエコ)58960円  5368PP  
コンラッド2泊
21日
シンガポール10:55 - 羽田18:30(プレエコ)59150円      5368PP
自宅泊


22日
羽田06:15 - 石垣09:40(国際線国内分)            2448PP
ホテルククル2泊
24日
石垣15:40 - 羽田18:15(プレエコ)28990円          3460PP


          獲得PP22552  PP単価7.80  累計獲得PP38106



前日仕事から帰宅したのが0時半。4時半過ぎの始発電車に乗ったので、2時間半しか寝ていません。機内では寝られたためしがないし、朝到着後は、そのまま観光するつもりなので、どこかで体を休めないとアラフィフ不健康親父の体は持ちません。羽田での6時間の待ち時間に休みたいと、直前に空港内ホテルを探したのですが、1万5000円オーバーで、懐が許しません。ターミナル1のファーストキャビンというカプセルなら5000円程度だったのですが、あいにく空きなし。いろいろ探し、京急で10分の大鳥居駅にビーグル東京ホステル&アパーツメントを見つけました。

コンフォートクレイドルというベッドのみのスペースで4000円ほど。時間貸しはなく、これで1泊できるのですが、4時間ほど滞在し、シャワーを浴びてすっきりして空港へ戻りました。受付の方がとても感じよく、施設もきれいで、また、利用したいと思いました。


荷物は機内持ち込みのキャリーバッグ1つなのですが、ラクしたいので、朝、国内線ターミナルで那覇便に乗る前に、国際ターミナルで降りて、コインロッカーに預けました。ホステルから搭乗口へ向かう時にピックアップ、移動がとてもスムーズで快適でした。おすすめです。
                       シンガポール滞在の様子は中編で