風任せ弾丸トラベラー

アラフィフ会社員の弾丸トラベル SFC・ダイヤ修行を口実に

弾丸トラベルで旅ダイエット 

 

  旅に出ると太っちゃう~なんて思ってませんか。実はその逆で、弾丸トラベルはダイエットにも効果ありです。


 私は大学時代はスポーツを楽しみ、長期休みにはバックパックを背負って海外を旅していましたが、社会人になってからの激務と20年以上の不摂生な生活、「スイーツ親方」ばりの甘味散策で、体重が50キロも増えてしまい、ついには身長164センチで110キロ超え。そのため、体力、気力ともに落ちて、夏休みの妻との海外旅行は「ハワイや東南アジアのリゾートでのんびり」ばかり。乗り換え便を使う目的地や10時間を超えるフライトは最初から除外、興味があってもキツそうな旅先にはなかなか足が向かなくなりました。「旅するために働いている」と日ごろ口にしているのに、海外に行けるのは多くて年2回。休みは長くても1週間しか取れないので、弾丸でできる旅にしない限り、唯一継続している趣味を楽しむ機会は作れません。そのためにも減量と体力アップは欠かせません。


 今年SFC・ダイヤ修行を決めたのには、毎月弾丸トラベルすることで、深夜勤務のストレスを解消して暴食にストップをかけ、旅をダイエットにつなげられるのではという思いもありました。これまでは休日に一歩も外に出ず、だらだらテレビを見て一日終わるようなことがよくあったので、アクティブレストを目指したいと考えました


私のような過度の肥満が旅にもたらす深刻な影響は
 機内食を食べる際、お腹の上でテーブルが止まってしまう。傾くのでスープは危険
 ちょっと歩くと股ずれする
 1か所観光しただけでホテルに帰りたくなってしまう


この状況を少しでも改善するため、年明けから1日おきにジムへ通い、ストレッチと体幹40分、ウォーキング20分を続けています。目的がないと続かないジムも、「観光できる体づくり」という明確な目標があるのでがんばれます。
 旅費を捻出するため、1人外食をやめ、服は買わず、月4回のマッサージも1回に減らし、仕事帰りの深夜のコンビニもやめました。




   今のところ体重は5キロ減っただけですが、体が動くようになり、旅先でも朝から晩まで一度もホテルに戻らず2万5000歩ぐらい歩けるようになりました。


仕事が終わるのが深夜のため、午前2時すぎの大食い(菓子パン、アイス、和洋菓子、スナックなど毎晩1000カロリー以上)が、この10数年来、諸悪の根源だったのですが、今年に入ってからは暴食の衝動がおさまっています。


すぐ先に楽しい旅が待っていると感じられることで、抑制が効き、日常に緊張感が生まれ、ストレスが軽減されているからだと思います。
旅の前には絶対風邪引けないという気持ちがあるので、体調管理にもとても気を遣うようになりました。いいことずくめですね。


3月からはダイヤ修行。来年以降も、数年かけて体重を減らし、一石二鳥の旅を続けたいと思います