風任せ弾丸トラベラー

アラフィフ会社員の弾丸トラベル SFC・ダイヤ修行を口実に

台風時のANA便変更早まらないで 沖縄で学ぶ


7月19日から21日まで2泊3日の日程でダイヤ修行を兼ねて妻と沖縄の予定が・・・


南西諸島の南に熱帯低気圧が停滞していたので1週間前から毎晩天気予報をチェックしていたのですが、出発当日、始発便を待つ羽田ANAラウンジで最終チェックしたところなんと、台風になっていました。前夜も確認したのに・・・
予報では21日土曜、直撃とのこと。


22日は仕事で、戻れないのは許されないため、旅行をやめるべきか、少なくとも20日の夕方までは大丈夫そうなので行ってしまって、復路の航空券を買いなおすべきか?出発まで30分を切って、1時間半しか寝ていない頭で、ゆくべきかこのまま帰宅するべきか必死に悩みました。


妻は往復特典航空券だったので、ラウンジカウンターで確認すると変更は出発の4日前までのため「無理」とのこと。私は往復とも旅割55のため、そもそも変更不可。ホテル1泊目のポイント無料宿泊北谷ヒルトンは最悪キャンセルできなくても仕方ないとして、2泊目はオクマを3万6000円で一休で予約しており20パーセントのキャンセルチャージ7000円。


つまり・・・
行かなかった場合の損失
 往復3万4000円のチケット代(払い戻し分考慮せず)+ANAマイル払い戻し2区間6000+ヒルトンポイント61000+オクマキャンセル7000円+レンタカー代8000円
概算で8万円ほどでしょうか?


行った場合の追加費用
 新たに購入する復路20日のANA特割2人分7万4000円-オクマ返金2万9000円
単純比較できないものの4万5000円出費


幸い初日は晴れそうだし、出費があっても行った方が良さそうなので、復路20日のチケットを新たに購入、21日のチケットを払い戻し(一部の9000円バック)たうえで搭乗しました。


ところが・・・


19日の18時過ぎ、妻のスマホにANAから「台風による運航への影響について」のメールが。「運航への影響が予想される21日の便は運航状況にかかわらず変更、払い戻しを承ります」とのこと。
翌朝20日の午前6時半にプラチナデスクにかけると10分以上待ってようやく繋がりました。


結果、妻の復路9000マイルは払い戻ししてくれるとのこと。
ダメもとでお願いしたところ、私がすでに手数料を払って払い戻ししてしまったチケットも「台風の影響のため」ということで、全額返ってくることになりました。


「台風による影響」メールが来るまで待てば、新たなチケットを購入しなくても2人とも20日の便に無料で変更できたはず。
万全を期すためとはいえ、ちょっと早まりました。初めてのこととはいえ、慌てずに最初に確認しても良かったかなと反省。高い授業料になりました。
もっとも、夏休みで大勢がチケット変更すれば戻れない確率もあるので、正解はよくわかりません


念のため20日の時点で当日の空席を調べるとまだ空きがありました。


荒天が予想される際は、まず確認して、待つのが最善ですね